スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレキギタークリニックで

26日はヤマノミュージックサロン新宿において
エレキギターの違いを体感出来る、そんな催し物がありました。
そのために、色々と我慢して1週間エネルギーを充填。
何せ、13時から17時半頃までと、FULLで参加しましたのでね。

日常において、FenderやGibsonのギターの音は聴く事が出来ます。
けれど、
同時に比較する事なんてまあ普通はありませんよね。
それを体感出来たのはとてもラッキーでした。
と、同時にえらい事にも気がついてしまいました(゜o゜;

最初に、各メーカーの代表的なギターの紹介。
Fenderのテレキャスター、ストラトキャスター、
Gibsonのレスポールスタンダード、ES-335、
アイバニーズのフルアコ(名前を聞き忘れた...)
ソリッド、セミアコ、フルアコとおおよそ三つに分類されるエレキギター。
そして、
テレキャス、ストラト、レスポールを同じ条件(リアピックアップを使いクリーントーンで)
で演奏し、そのあと後ろを向いて今度は音だけを聴き、
三つの音のどれがどのギターかを当てると言う、まあクイズみたいなものをやったんですが、

これは難しかったですねぇ。
一つ一つの音は聞き分けられたと思ったんです(思っただけかも)。
思いますが、どれがどの順番でとなった時、さっぱりわからなくなったんですよ。

結果、全部外してしまいました
正直けっこうショック( ̄0 ̄)

これって何時か何処かでやったような?そんな感覚に襲われた時、
ある言葉がふと脳裏に浮かびました。

記銘力

過去に幾度となく受けた知能テスト(後遺症の程度を測るための)で
テストされた内容によく似ていたんですよ、
ランダムに幾つかの言葉を聞き、それを幾つ言えるか(憶えているか)と言う。
それが記銘力のテストだったんです。

そのテストで、耳から入ったものに対する記銘力がかなり弱いと言われたような...
そうすると、今だその傾向は続いているのでしょうか?
それを確かめる手立てはあるのでしょうか?
それともただ単に気のせい?
気のせい?
気・・

まあ、その後はそのギターを使った有名なギタリストとか、
そのギタリストの代表的な楽曲のさわりを聴くとか、
真空管を使ったFenderアンプ、ツインチューブのデモを聴くとか、
色々と知りたい事を聞けて面白かったですよ。

面白かったけれど、後で複雑な気分
複雑怪奇な心理の一端を垣間見たような、そんな一日でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。