スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドゥナン(上)

昨日より図書館から借りてきた

ハイドゥナン (上) (ハヤカワSFシリーズ・コレクション)ハイドゥナン (上) (ハヤカワSFシリーズ・コレクション)
(2005/07/21)
藤崎 慎吾

商品詳細を見る


を読み始めています。

先日加計呂麻島の事を書きましたが、
この小説の舞台となるのは与那国島。
ハイドゥナンとは南与那国島という意味だそう。

なんか島に縁がありますね。
読み始めの印象としては、ちょっと読みづらいかも?
難しいという意味ではないのですが、なんかこう、すっと頭に入っていかないのですよ。
まぁ、作者との相性ってのもありますから、これはあくまでも私の場合です。

でも、だんだんとワクワクしていく感じはありますし、
久しぶりの海洋SF(実は地球の海洋だけではない)だし、
やっぱ、海はいいねぇ~。

そういや与那国ってどこぞの隊の誘致問題でごたごたしてましたね。
これからどうしていくのでしょう?。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。