スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違う視点でワンダーフェスティバル

先日の24日の日曜日、幕張メッセでおこなわれた
ワンダーフェスティバル2011夏へ行ってまいりました。
通称ワンフェス
去年も行っていますから、2年続けてと言う事になりますか。
ワンフェスと言えば、アニメーションやゲームのキャラクターなどを
三次元化した、いわゆるフィギアの展示、をイメージするでしょうが、
実は、それだけではないのです。

そもそもの成り立ちがガレージキットの展示販売。
プラモデルメーカーなどが出さない物を自分で作り、
ついでに他の人にも売りましょ、と言ういたってシンプルなもの(だった筈)。
マイナーなミリタリービークルであったり、SFに出てくるものであったりと。
現在、
主流となるのはアニメーションやゲームや漫画などのキャラクターを立体化した
フィギア、でしょう。

が、それも時代の要求
そういうのもあっていいと思います。

あってもいい、否定はしない
けれど、
それだけじゃ面白くない。

という訳で(前置きが長くなってしまった)
そういうメインストリームを敢えて外したワンフェスの紹介となります事を
あらかじめご承知の程を。

今回のこのブログでのワンフェスレポには
アニメーションやゲーム等のフィギアは一切出て来ません。

また、撮影には許可をいただいていますが、
もし(画像使用に)問題があるようでしたらご連絡を。
では、ゆるりとまいりませうか

今回、通常移動するであろう順序とは逆に動いたせいもあり、
実に濃いところから見る事となりました。

IMG_2389.jpg

いきなりソリッドモデル(木で出来た模型)ですよ
プラモデルがなかった時代はソリッドモデルだったとか
(これは私の師匠から聞いた話)
しかし、よく出来ていますね。機体もマニアックなものばかりだし。

続いて

IMG_2393_20110728102255.jpg

IMG_2394.jpg

城の模型と言うのは昔からありました。
私も名古屋城とか姫路城(だったかな?)は作った記憶があります。
けれど、こういう城跡のジオラマというのは上手い事考えますね。
三内丸山とかの遺跡シリーズってのも何処かでやっているかもしれませんね。

その次は

IMG_2395.jpg

え?和傘
そうなんですよ、何故か和傘
しかも男性用、女性用、日傘とラインアップも充実(^^)
その上、きちんと作られている本気仕様。
本当は欲しかったけれど、値段もそれなりにしましたし、
第一こんな傘持った日にゃ、着物から草履まで手に入れねばならんではないですか。

名残惜しみながら次へ

IMG_2396.jpg

おお、ロシア海軍の戦略原潜デルタ�とデルタ�
またしてもマニアック

IMG_2400.jpg

これはJAMSTECの「ちきゅう」ですね

さて、続いての作品です
これは正直驚きました(今までのも十分驚きましたが)、

IMG_2401.jpg

IMG_2402.jpg

IMG_2404.jpg

IMG_2405.jpg

工作機械がミニチュア化されているじゃあないですか!!
昔自分が使っていた事のあるモノも有ったりして、
いやぁ、懐かしいというか何と言うか、
それにしても、凄いとしか言いようがない...。

次、行きましょう

IMG_2407.jpg

旧日本海軍の短艇ですね
このサイズのものは資料がとても少ないらしく、
想像で作った部分も有るとかで。

そして、同じ所に展示されていた

IMG_2409.jpg

駆逐艦峯風の艦橋構造物。
最終的には艦体全部を作るという話をされていました。
その大きさを考えると、何処に置くのか人事ながら心配になります。

それから

IMG_2410.jpg

スウェーデン海軍の潜水艦ゴトランド
元祖スターリングエンジン搭載艦です。

IMG_2411.jpg

そして、しんかい6500などを支援するJAMSTECの「よこすか」ですね。
これ欲しかったんだけれど、すでに売り切れ(T_T)

で、この次なんですが、
けっこう笑わしてくれました。

IMG_2412.jpg

IMG_2413_20110728110030.jpg

IMG_2414_20110728110029.jpg

でも、ディティールもよくしっかり出来ていましたよ。
しかし、何ですな
環境保護と謳うのならば、髑髏マークはないだろう?
と思うのが、私個人としての感想なんですが、
あっちの人たちはそうは思わんのだろうか?。

謎だ

さて、ここまではメカニック関係メインでしたが、
ここの展示はそういう手があったかぁ~、と
発想の面白さで思わず唸ってしまった作品です。

IMG_2416.jpg

IMG_2417_20110728110727.jpg

IMG_2418.jpg

IMG_2419_20110728110726.jpg

これらは何だと思います?
よく地方の神社やお寺などに昔から伝わる
河童のミイラとか何とかあるじゃないですか。
そう、あれですよ。
そう言った想像上の生き物のミイラをならべると、
こういうふうになるのでは、と思わせてくれる展示です。
こういう発想ってすてきですよね。

続いてはちょっとフィギア系?

IMG_2420.jpg

何故か「レ・ミゼラブル」のコゼット
小説の表紙の画を立体化?

IMG_2421_20110728110723.jpg

実は私、カンブリア紀の生き物が大好き
アノマノカリス大好き人間なのです
こういう遊び心も大好きなんでし

生き物が続きます

IMG_2422.jpg

マッコウクジラと言ったらダイオウイカ
ダイオウイカと言ったらマッコウクジラと言うくらい
この二体には深い(ちなみに、深い海という意味も兼ねています)繋がりが

IMG_2423.jpg

種目鮫と言うよりは、Hammer Headと言ったほうがいい?
これも好きな生き物(見た目だけ、ですよ)

マッコウクジラは欲しかったけれど、
今は塗装する場所がないので諦めました(泣)。


続きましては

IMG_2424.jpg

大手メーカー、アオシマさんの商品群。
昨年ははやぶさがブームになりましたが、
ロケット本体を出してくるところがアオシマさんらしいと言えばらしい。
1/350だと我が潜水艦隊と同スケールですな。横に並べるといいかも?

そして真打ち登場(パチパチ)

IMG_2425.jpg

私の好きなSFドラマ、STAR TREK TNG(ザ・ネクスト・ジェネレーション)より
USS ENTERPRISE NCC-1701Dの登場です

IMG_2426.jpg

ENTERPRISE D型はアメリカのダイヤモンドセレクト製でもありました。
それはかなりの大きさでしたし、
アメリカ製にしては細部までよく出来ていましたが、
アオシマさんの製品には、舷窓がLEDで発光すると言う、
とても素敵ギミックが搭載されているのです。

それと、何だか2種類の物が出るような感じ。
最初にアズテックパターンの所謂スタトレらしい塗装のもの。
そして、これは参考出品ですかね?

IMG_2427.jpg

テレビ画面で見た感じのTVイメージ版、だそうで

私はアズテックパターンのものが欲しいですよ。

さて...だいぶ(入力するのが)疲れてきました

なもんで、後はさっさと写真を貼り付けていきます。
まずは東宝特撮もの

IMG_2429.jpg

α号 緯度0大作戦より
昔々、海洋堂がやはりこのくらいのガレージキットを出していました。
値段も同じくらい。そういう意味では安く買える時代になったようですね。

IMG_2430.jpg

ムー帝国の石棺型潜水艦 海底軍艦より

IMG_2431.jpg

ムーンライトSY-3 怪獣総進撃より

IMG_2432.jpg

L作戦の情景ジオラマ サンダ対ガイラより

IMG_2434.jpg

月面探険車 宇宙大戦争より

IMG_2439_20110729102058.jpg

プラネテスよりトイボックス(DS12)。一緒に行った友人が欲しがっていました。
でも、高かった

IMG_2443.jpg

アンモナイトの化石なんだそうですが、宝石化している?
(話を聞いたんですが、忘れてしまった..)とてもきれいでしたよ

IMG_2444.jpg

飛ぶらしい、ペーパークラフト

IMG_2448.jpg

IMG_2449.jpg


これは私が欲しかった、前弩級戦艦

最後に

IMG_2450.jpg

これも私が欲しかった。私世代ではたまらんアイテムですねぇ。
でも、これを持つと必然的にアラシ隊員にしかなれない
(例外的に星野君にはなれる)
あと、科特隊制服は必須です。
でも、プロップとしてサンプリングされた音は出るし、
いろんなパターンのLED発光がセレクトダイヤルで出来ますし、
いやはやどうにもこうにも(結局欲しかった)

これもそうですけれどね。

IMG_2451.jpg

マルス133
これならビートルのコクピットにも取り付けられるし
(そもそも小型ビートルを持っていない)


と、まあ
フィギアを全く見なくとも、これだけのものが
いや、実際はもっとたくさん造形物があった訳で。
昼頃から終了となる17時頃まで居続けても、
まだ観きれていなかったりするんですよねぇ....

昔みたいに2日間と言うわけにはいかんのでしょうな、
色々と。

今回は震災の影響で当日版権というのが発行出来なかったとか。
それが出ていればもっと色々な面白いもんがあったやもしれません。

以上、後半かなりの駆け足となりましたが
違った視点で見たワンダーフェスティバルでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。