スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳外受診 その後の経緯

今日は毎月恒例、脳外受診の日。
先月におこなった、アートセレブ治療のその後の経緯の報告も兼ねて。

アートセレブを注入後、症状が悪化した事は以前書いたとおりで、
その後約10日くらい過ぎてから、以前は無かった症状である、
頭痛、吐き気、眩暈は消滅し、
以前よりある症状も一部軽減されている。
具体的には、
左手の痺れ痛みは弱くなり、ビリビリからピリピリへ
多少の腫れぼったさはあるものの、主観的には半減したような。
右手のほうは8割方軽減。
ただし、両足裏の痺れ痛みはやや弱くなったかな?
程度で、穿刺した後の腰痛はまだ少し残存している感じ、
と言う所。

そう話をすると、美馬先生
「30人ほどアートセレブ治療をおこなったが、悪化したのはあなたが初めてだ」
だそうで、ある意味貴重?

で、今の所、局所的ながら軽減されているので様子見となるようで。
今後、治療の効果が切れた時、または悪化した時にはどうするのかを尋ねて見ると、
「あなたの場合、腰椎穿刺をして悪化したようだから、
まだ何処かで漏れているのかもしれない」と言う話。

その時はブラッドパッチになるのかアートセレブ治療になるのか
それとも...

「また新しい治療法が出て来るかもしれないから、その時考えましょ」
と言うのが今日の結論。

それから、
今週末でブラッドパッチをして1年が経ちますので、
重いものを動かしても良いですか?と尋ねると、
「何するの?」と言われたので、
気晴らしにバイクに乗ろうと思いまして、と話すと
「いいんじゃない。いや、腰椎穿刺して漏れているかもしれないから、
あと3ヶ月位は様子見て。うーん、いや、いいや、乗っても良いよ」
と二転三転した末に、OKを貰いました。

そして何時もの薬、
メチコバール、プロレナールと、
腰痛にモーラステープを処方してもらい、少し雑談。
厚労省の脳脊髄液減少症研究班の中間報告の事を切り出すと、
微妙にNegativeな話が出ましたよ。
まあ、色々とあるんでしょうね。研究班の方々も。

で、ついでに気脳法の話も出たんですが、
これについてはちょっと詳しい話が出来ません。
先生に了解を取っていないので、次回受診時に聞いて見ます。

知りたい方は、非公開コメントを入れていただくかして下さい。

山王を受診されている方はすでにご存知かもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。