スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽○○○○

音楽セラピーというのを聞いたのは、
確かベストヒットUSAの中で事故に遭って一年間寝たきり生活を送り、
音楽セラピーによりみごとに復活した、と言う歌手の話でしたかね。

この人



まさか、このようなスタンダードな歌い方をする人が生き残っていたとは・・・
確か、小林克也さんがこのサングラスは、事故により目を痛めたためとか言っていましたっけ。
ラスト、フルショットになった時、ステッキで体を支えているのがわかります。

で、音楽セラピーです

私も事故の後、幾つかの楽器を手にしてみました。
以前クロマティック・ハーモニカに手を出した事があったので、
再度やってみようとしたのですが....
顔面の痺れ疼きにより、ハーモニカを吹こうとすると息が漏れてしまうんですわ。

こりゃあかん

で、おじゃんでございます

続いて、奄美三線
これはなんとかなりそうだと思ったのですが、
思った以上に音がでかい。木造モルタル作りのアパルトメントではもろに音が漏れてしまいます。

あ、漏れる漏れると2回も続けましたが
決して髄液が漏れている(いた)からではありません(>_<)

その上、弦を押さえる左手が、やはり痛痺れて上手くない。
左利き用の三線などありません(よね?)

で、ギター
しかもエレクトリック・ギター

これならレフトハンドモデルもあるし、音はアンプにヘッドフォンをさせば
外に漏れないし、右手で弦を押さえる事はなんとか出来たし、OKじゃん

てな具合で、エレキギターを始めた次第。

教室に通うにあたっても、右利き用なら教室にあるので手ぶらでいける
(ピックは必要)から、いったんは考えたんですがね~。

左で通して正解でした。

右手でやっていたら、左手指先に負担をかけてしまうところでしたもん。

この先も続けていけるか?正直なところわかりません
わかりませんが、やりたいと思う限りは続けてみませう

そう思っている次第です

最後に、もう一度Melody Gardotの歌を



音だけ聴いていると、どう聴いたって50年代のジャズボーカルでっせ

アメリカも、まだまだ捨てたもんじゃないねぇ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。