スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き続き休憩中

前回、借りてきた本を読み進め中という感じでしたが、
その後も図書館から借りてきた本を読み進めたり、とってもマニアックな映画を手に入れて見ていたり、
いやぁーもうブログとかTwitterとかやっている余裕がありません。

もう、一気読みしたり映画を最後まで見たりすると、眼の疲れが尋常じゃあありません。
で、
そこまでして見入ってしまったものとは何か?

封鎖作戦 EMD-10049 [DVD]封鎖作戦 EMD-10049 [DVD]
(2012/08/27)
トレヴァー・ハワード、リチャード・アッテンボロー 他

商品詳細を見る


何がすごいって、四本煙突の旧式駆逐艦が舞台って事と役者が渋いって事です。
トレヴァー・ハワードなんて名前、この映画を見て思い出したくらいですから。
リチャード・アッテンボローはめちゃくちゃ若いし。
兎にも角にもフォーストッカー(フラットデッカー)駆逐艦が実物映像を交えて出て来るなんざ涙もんです。
この話、実話を元にしていたって後で知りました。

どうりで話しがよく出来ている。
しかし、こんなポンコツ駆逐艦にすらアスディック(ソーナー)が搭載されていたって うーん

もう一つ、これも実話が元になっています。

暁の出撃 -HDリマスター版- [DVD]暁の出撃 -HDリマスター版- [DVD]
(2010/11/03)
リチャード・ドット、マイケル・レッドグレーヴ 他

商品詳細を見る


これも涙ものですね。
何せこの映画のためにアブロ社が退役して倉庫に眠っていたランカスター爆撃機を整備して
飛ぶようにしたってんですから。
私は航空機専門ではありませんが、この話に出て来るダムバスターは知っています。
昔々プラモデル作りをはじめた頃、
レベルの1/72でアブロ・ランカスター爆撃機のダムバスター仕様が出ていましたもん。
その頃はB-17専門で作っていたので目もくれませんでしたが。

いやー、やっぱり実物は違う。
どんなにCGIが進んだって本物には勝てないですよ。
あと、何気ないシーンでもそれを理解していないと話を作れないなって部分がけっこう出て来て。
たとえば離陸するシーン、操縦ハンドルに付いているブレーキを開放して動き出し、
それからスロットルを上げていく所なんざもう うわーっ ですよ。

どうもここん所、英国映画ばっかり見ているような気が
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。