スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較

納車してからおおよそ10日が経ち、今日やっと2回目の乗車。
ちょいと青梅街道沿いのドラスタへ行ってまいりました。
久しぶりに行ったので何となく通り過ぎてしまい、
まあいいやとしばらくチョイツーリング。
途中でUターンしショップでヘルメットなどを見て回りました。

今日はだいたい55㎞くらい走りましたか。

そこでNinja400Rの印象などを書いてみます。

まず乗車姿勢
これはDIVERSIONよりもアップライト。
ハンドル幅にあまり違いはないけれど、絞りが少し弱いかな?。
もうちょっと低くバーエンドが手前にあれば。

ステップ位置、シート
比較するとちょいと足の曲がりが強くなる感じ。
シート高はDIVERSIONよりカタログでは高い筈なんですが、
足つき性はNinja400Rの方がいいです。
シート幅が狭いのか、4気筒と2気筒の幅の違いなのか?。
ただ、
シートの厚みがあまりないので、長時間乗っているとどうなるか、
今はわかりません。

ギアシフト
これはDIVERSIONの方が上ですね。
ヤマハとカワサキの違い、なのかな。
シフトタッチもストロークもDIVERSIONはしっとり感があっていいのですが、
Ninja400Rの方はストロークは大きいしタッチもガッチャ、と言う感じ。
まあ、リンク式とダイレクトの差もあるのだろうけれど。

エンジンフィール、加速感
これもDIVERSIONに軍配が?。
もっとも、私のDIVERSIONは手を入れており
リアスプロケットが教習車仕様に変えていて歯数が多いんですよ。
ですから、低中速と加速性はオリジナルよりアップしていたのです。

対してNinja400Rは、
割とマイルド(もっさりした感じ)で、
加速性もそれ程でもなく、トルクに乗った走りという感じは薄い。
それでも4000回転も回してやれば車は優に引き離せますが。

DIVERSIONはDOHC2バルブ、ロングストロークエンジンだったので、
トルク感は結構あったのです。

あと、ギア比の違いもあります。
DIVERSIONは高めでワイドなのに対しNinja400Rは割と低めな感じ。

以上、今日乗ってみて感じた事。

まだ乗り出して間が無いので、
このバイクの乗り方ってやつがわかっていないせいもあります。
ただ、急がせないというか穏やかというか、
長距離(長時間)、淡々と走り続けるのはいいかなと、
そう思わせる何かがありますね。

もし疲れにくい乗り味だったとしたら

ちょっと嬉しい
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。