スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改造しんかい6500

ついにしんかい6500が新しくなりましたね。
昨年のしんかい6500記念シンポで話を聞いて、
どんな感じになるのか、とても楽しみにしていたのですよ。



いやー、いいですね、ツインスラスター。
サイドスラスターも船尾に追加され、
運動性能が飛躍的にアップしたのではと想像してしまいます。
あと、モーターもブラシレスになったりとレスポンスがアップしているようだし。

新しくなったしんかい6500のデータについては、ここ

去年聞いた話の中で、
耐圧球殻と外部の装置との通信が光ケーブルになるって話もありまして、
そうすると今までの電線と比べてもぐっと細くなる訳ですよね。
細くなるって事は耐圧殻から光ケーブルを通す穴も小さくて済む。
って事は、それだけ剛性が上がるって事ですか?。
通信速度もぐっと上がって良い事だらけ。

ただ、次世代の深海調査船の事を考えると、ちょっと不安。

技術の継承が途絶えてしまうのが一番怖い

宇宙開発とは違って深海は地味ですが、
深海探査の歴史から言うと世界でも三番目に古いんですよ。
50年以上前からフランスの潜水艇を使って日本海溝の調査もしてますしね。
一応今の所世界で一番深く潜れる船も持っていますし。

中国の深海調査船ジャオラン(蛟竜)はまだまだ未知数だし、
ディープシーチャレンジャーはいずれは調査艇になるかもしれませんが、
いまはどうなんだか。



今後に期待ですね。

まあ、ウッズホール海洋研究所のアルヴィンの例もありますから ここ
名前は同じでも別物、って感じでやっていくのかもしれませんが、
出来得ることならば、
いや、ぜひとも、
しんかい8500とかしんかい11000とか作ってもらえないでしょうか?。





1/72 しんかい6500 (SW01)1/72 しんかい6500 (SW01)
(2011/12/02)
ハセガワ

商品詳細を見る


Exploring Lab. 1/48 しんかい6500Exploring Lab. 1/48 しんかい6500
(2012/01/08)
バンダイ

商品詳細を見る


レゴ しんかい6500 21100レゴ しんかい6500 21100
(2011/02/17)
レゴ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。