スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議なくらいきれいでした

小惑星探査機「はやぶさ」の帰還、そして本体の最後の映像が
各種メディアに上げられてきています。

その中で、NHKオンライン

はやぶさ カプセル落下を確認

まさに散華という他ないほどの美しさ(他に言葉が見つかりません)

SF作家の小川一水さんがtwitterで
「こういうのをぶっつけ本番で撮る映像のプロはすごいな」
とつぶやかれていましたが

報道やドキュメンタリーを専門にしているカメラマンだったら、
そしてまがりなりにもプロだったら、出来て当然なんですよね。
一瞬のチャンスを逃さない、そしてそれを確実にとらえる。
それで喰っている訳ですから。その為に日夜努力もしているでしょう。
ビデオカメラにしてもそれをのせる三脚にしても、その他の機材にしても
全てが我々素人が使っているものと次元が違うくらい高性能(しかも高額!)、ですしね。

私が以前この分野に少しだけ関わっていた時、
カメラマンから聞いた事があります
「ピント、ズーム、絞りの全てを手動で正確に片手で操作出来るのが一流だ」と。

けれど、これは技術的な一部に過ぎません
その他、現場での状況を的確にとらえたり、事前のリサーチも当然の事。

やはりプロは凄いな、と感じましたよ。

下の動画は、NASAがとらえた「はやぶさ」の最後

スポンサーサイト

続・はやぶさ

昨日の今日ではありますが、
NHK総合「クローズアップ現代」で、
傷だらけの帰還 探査機はやぶさの大航海
と言う放送がありました。

やはり凄い事なんですね
宇宙の分野では相当な貢献をしたと、そう感じました。

しかし
まさかNHKの番組で こんな事もあろうかと なんてセリフを聞こうとは...

いやはや、まさに知恵と勇気(と優れた科学技術)で乗り切った、
という感じでしょうか?

はやぶさ君の冒険日誌

素敵な絵日記になっていますね
アオシマからは擬人化されたはやぶさたんなんてものがでるようですが、
この絵日記のはやぶさをモデルアップして欲しいな


今日はこの動画でお別れ



後3日かぁ
こちらもブラパチまで後10日を切りましたよ
今日は区の健康診断だったし
まだまだ色々とやらなきゃいけない事がたまっています

あ~、バイク乗れるかなぁ・・・

はやぶさ

今日、地球に帰ってくる探査機「はやぶさ」において、
TCM-4が正常に終了されたことを確認。
この運用により、はやぶさは豪州着陸想定地域へ精密誘導されたとの事。

いよいよ帰ってくるのですね

凄い事だと思いますよ
世界に誇れる事ですよ
これで終わりにしてはいけませんよ
継続的に探査機の打ち上げを続ける事が大事だと思いますよ

ここで偶然?
「はやぶさ」が帰ってくるこの時期に、
「隼」を扱った映画のDVDがでてました。

そう「妖星ゴラス」(自分的には空想科学特撮映画TOP1)に出てくる

土星探査用宇宙艇 JX-1 隼

妖星ゴラス [DVD]妖星ゴラス [DVD]
(2004/02/27)
池部良久保明

商品詳細を見る



残念ながら「隼」は帰ってくる事は出来ませんでした(映画の中での話ですよ)
しかし「はやぶさ」はどうやら帰ってこられそう(よかったよかった)

惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)惑星探査機 はやぶさ (1/32 スペースクラフト NO.01)
(2010/06/06)
青島文化教材社

商品詳細を見る



最後に
ニコニコ動画にアップされていた



今日はこれでお別れ

う~む、妙に合っているなぁ

実は世界に誇れるのです

もうすぐ地球に戻ってくる惑星探査機「はやぶさ」
昨日で打ち上げから7年経ったんだそうです。

割と知られていないかもしれませんが、実は凄いのです



無事帰還出来るといいですね。

そして次には、はやぶさ2のミッションをぜひとも実現して欲しいものです。

無事に戻ってきた上で、次なる探査機には、ぜひとも「おおとり」と言う名を付けてもらいたい
密かにそう思っている、とある特撮ファンでした。

Yuri's Night Japan 2010 その2

昨日参加してきた、Yuri's Night Japan 2010。

久々に頭を使ったイベントでしたね(汗)
ええ、
各パネラーの話を聞き、そしてそれを理解しよう(半分以上は理解不能(T_T)でしたが)、
そう努力しましたから。

で、イベントの場所は日本科学未来舘。
一緒した友人が車を出してくれたので、始めてあの場所まで来るまでいったんですよ。

向う途中、おや?と言う風景を見られたのもラッキーでしたね。
その、おや?とは

IMG_2673b.jpg

幾つかのおや?があるのがお分かりでしょうか
真ん中に写っているのは、ツェッペリン飛行船です。
最近出来た飛行船発着ポートと言うのはここだったんですかね?。

そして画面右手

IMG_2676b.jpg

南極観測船(正確には砕氷艦ですが)「しらせ」、それも新しい「しらせ」ですよ
全体像は先代「しらせ」とよく違いがわからないのですが、

IMG_2676c.jpg

船体のNo.を確認する事によって、判明したのです。
驚きました。早々見られるもんじゃあないですよ。
おぉ~、幸先いいじゃないか、てなもんですよ。


続きを読む

プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。