スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳科学の・・・

今日ようやく読み終えた

脳科学のフロンティア<br>意識の謎 知能の謎 (別冊日経サイエンス 166)脳科学のフロンティア
意識の謎 知能の謎 (別冊日経サイエンス 166)

(2009/08/06)
日経サイエンス編集部

商品詳細を見る


いやぁ~、最新の脳科学、神経学、生物学等々
新しい知識には触れないといけませんねぇ・・・・

例えば、
味覚ってどういう知識をお持ちですか?
舌には甘みや苦みなどを感じる部分が有り云々...
と言うのが、私が習った味覚の常識でしたが、

今はそれは否定されており
舌のあらゆる所に点在する乳頭の奥にある味蕾が全ての味を知覚する。
これが今の常識、なんだそうです。

常識は常に変化(更新)していると言う事でしょう。
努々それが正しい筈だとは思わぬように(筈だとか、べきだとかは使わん方がいいと)

その他、
手術などでおこなわれる全身麻酔、
実はこのメカニズムは解明されていない。

え?っと思うような事が理路整然と書かれているのです。

同じように、
偏頭痛も医師でさえ理解しいない者がが少なくない、
とか。

意識はどのように生まれてくるのか?と言う論争があるそうです。
いままでは哲学の領域だった物が、科学の分野でも扱えるようになってきた。
ようやく入り口に付いたって事でしょうね。

出来る事ならば、
脳脊髄液減少症の解明にも、大いに論争(科学的に)してもらいたいもんです。

スポンサーサイト

Human Body Pushing The Limits :Brain

9月17日(木)の 19:00から地球ドラマチックで

『ヒトの“脳”はこんなにスゴイ!』
http://www.nhk.or.jp/dramatic/index.html

と言う番組をOAするようです。
前回書いた睡眠というキーワードもあるようで、
ちょっと興味が湧きますね。早速予約録画を設定。


今日はちょっと渋めな感じで



脳は眠らない

先週あたりに図書館で借りてきた本

新装版 脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ新装版 脳は眠らない 夢を生みだす脳のしくみ
(2009/08/06)
アンドレア ロック

商品詳細を見る


内容を理解するのが中々大変、と言うか
情報量が半端なしに多く(私にとっては)、それを整理するのに時間がかかっているようです。
タイトルにもある通り、睡眠中も脳は活動をし続けています。
これは今では常識ですが、つい数十年前までは脳も活動を停止している、と理解されていたんですね。
これには驚きました。そもそもレム睡眠って奴を見つけたのだって、今から50年以上前の事。
ようやくここ20年くらい前からそのシステムの一部が解りだしてきた、と言う感想を持ちましたよ。

そうして今日、朝からの雨(けっこう大降り)で体が怠く、
半ば横になってこの本を読んでいたんですが、
そうしているうちに寝てしまったんですね。
すると、
いや~、本当に久しぶりに夢を見ました。しかも起きた後記憶として残っているものを...
慌ててその内容をメモしましたよ。
この本にも意識的に夢を見ようとすると見る事が出来るようになり、
夢の内容をコントロールする事も可能である、と書かれています。

また、寝る事によって自己分析もされるようで、
この研究が進めば、
うつなどの精神的疾患も寝れば治る。薬や心理療法士などは必要なくなるかもしれないと。

中々に興味深い話です。
しかも、最近出た本なので資料も割と新しいんですよ。
そういう意味では、最新の脳科学(の一部)の本とも言えるかもしれませんね。

第9章の頭に、荘子の「胡蝶の夢」の一文が載っていたのには驚きましたが。



さ、そして今週のベストヒットUSA
何をYouTubeから引っぱってこようかと思いましたが、
やっぱりラストにかかったこれでしょう。

ライブバージョンでどうぞ




あ、あと印象に残ったのは
INXS 「The One Thing」(1983LIVE)で小林さんが話したこのライブの事。

Appleの創始者、二人のスティーブのひとり
スティーブ・ウォズニアックが自費で主催したんですよ。
まだMacintoshが発売される前ですね。
AppleⅡのあと、Lisaで悪戦苦闘している頃でしょうか。

脳の秘密?

この間NHKでやっていた、
追跡!AtoZ「脳の秘密 未来はどう変わる?」を見終わりました。

まあ、こんなもんかな?と言うレベル。
正直目新しい物はなかった(神経系の話としては)

ただ、
理化学研究所のMRIが4テスラの磁場発生能力を持っている事
フランスで建造中の医療用MRIが11.7テスラと高レベルな事
これは初めて知り得た情報でした。

通常、大学病院などで使用されているMRIが1.5テスラですから
フランスが建造中の物は7.8倍の磁場発生能力があることになります。
そして解像度も7.8倍になるのかは?ですけど。

まだまだ脳科学って言葉が流行っているようですけれど、
実際の所、まだほとんどわかっていないのが実情、だと思うんですがねぇ・・・

なんとかで脳トレ、なぁ~んてのも
あと数年も経てば、実は何の効果もありませんでしたぁ、ってなるかもよ。


そうそう
今日、関東地方は梅雨明けをしたらしいとのニュースがありました。
て事は、夏

夏と言えば




やっぱこれもいいかも



ニューアルバム、聞きたいですな~

夏道夏道
(2009/07/22)
高中正義

商品詳細を見る

脳の・・・

このあいだから読んでいた本をようやく読み終わりました。

「最新脳科学で読み解く 脳のしくみ」

最新脳科学で読み解く 脳のしくみ最新脳科学で読み解く 脳のしくみ
(2009/04/24)
サンドラ・アーモット(Sandra Aamodt)サム・ワン(Sam Wang)

商品詳細を見る


ようやく、と書いたのには理由があります。
あくまでも私の理由ですがね(全ての人がそう思うかは別です)

とにかく、本として読みにくい
本文なのかちょっとしたコラムなのか?、どっちにウェイトを置いてるのか?
非常にわかりづらいし、ページもまたがっていて読みにくい。
買うのはちょっと躊躇します、ので
まずは図書館で借りて読んだ方が~(個人的感想)

前に紹介した(はず)

脳のなかの幽霊 (角川21世紀叢書)脳のなかの幽霊 (角川21世紀叢書)
(1999/08)
V.S. ラマチャンドランサンドラ ブレイクスリー

商品詳細を見る


此方の方が数段読みやすい。

これは訳の問題なのか、それともそれ以前(筆者)なのか
多分両方?

せっかく面白そうな情報が多々あるのに、
それが上手く伝わらない、そう感じましたよ。

第一、口語体で書かれているんですが、
これじゃあただのタメ口、読んでいてむかついてきます。

と言う訳で、ざっと斜め読みに終わってしまい
やっぱりこっちかな、と

脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ
(2005/07/30)
V・S・ラマチャンドラン

商品詳細を見る


なんでしょうね?インド人であるDr.ラマチャンドランの書き方のほうが
読みやすい。それとこの方はとても博学のようで、
所謂理系バカとは違います。
文理共に優れ、古い型にははまらない考え方をお持ちのようです。

少なくとも、私はそう感じさせられました。

しかし・・・


そっちのほうを読み始めずに、別の本に手を出してしまったぁ(^_^;)

ハーモニー

ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
(2008/12)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


1/3程読んだんですが、もしかしてこれも脳に関する話になるンか?

・・・知らない間にそう言ったジャンルの本を読もうとしているのだろうか

何故なら、同時に借りた本が

ユング心理学入門―“心理療法”コレクション〈1〉 (岩波現代文庫)ユング心理学入門―“心理療法”コレクション〈1〉 (岩波現代文庫)
(2009/05/15)
河合 隼雄

商品詳細を見る


だったから...



なんか脳のことを書いていたら
こういう記事が出ていました。

いろいろと課題が多そうですが、
まずは議論しないとね、それからだと思いますよ。

私は勿論

IMG_0862.jpg

です
プロフィール

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。