スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の中から・・・

今回は立て続けに見たあまりにマニアックな海洋映画のお話。

まずは「潜水艦シー・タイガー」
これはとてもめずらしいイギリス海軍の潜水艦がお話の舞台。
しかもこの潜水艦、公式にはトルコ海軍に引き渡された事になっているP611級の一隻らしいんです。
とってもマニアック✨
たぶんセットでは無く、実物の艦内を使っているような感じでも有り、だとすればとっても貴重な映像。
あと、なにげにバックグラウンドの音がいいです。
乗組員同士が話しているその背後で潜航中動いている電動モーター音が聞こえているという臨場感。



世界の戦争映画名作シリーズ 潜水艦シー・タイガー [DVD]世界の戦争映画名作シリーズ 潜水艦シー・タイガー [DVD]
(2014/11/05)
ロバート・ビーティ

商品詳細を見る



次に「地獄と高潮」

退役した潜水艦艦長がとある(ボランティア)組織に雇われ、
旧日本海軍の潜水艦で原爆があるらしい島への調査に向かうと言う、なかなか無茶苦茶な話です。
その潜水艦がI-203と言う所が泣けてきます。
潜高クラスですね。何となくあり得るかもと思わせるところがいいです。
所々突っ込みたくなる部分はあるものの、アクション映画としては面白い部類かと。

地獄と高潮 [DVD]地獄と高潮 [DVD]
(2014/10/03)
リチャード・ウィドマーク、ベラ・ダーヴィ 他

商品詳細を見る


北大西洋

いわゆる戦意高揚映画の範疇には入るんですが、
それでも面白いと感じるのは強力高性能な軍艦では無く、
大量生産された輸送船、リバティシップに乗る乗組員やリバティシップそのものが主人公である事。
そんな地味な船ががんばっているシーンは感動ものです。
Merchant Marineの必要性をかなり意識されて作られた映画なんです。
兵站(ロジスティック)を理解していた国とそうでない国(どことはいいません)の差が理解出来ます。
2時間という長い作品ですが機会があればどうぞ。
この映画、原作が有り、日本語化はされていないようですが
ダイビングをスポーツとして紹介した先駆者的な人物、ジョン・ガイ・ギルパトリックと言う人が書いています。



世界の戦争映画名作シリーズ 北大西洋 [DVD]世界の戦争映画名作シリーズ 北大西洋 [DVD]
(2013/10/04)
ハンフリー・ボガート

商品詳細を見る
スポンサーサイト

YOKOSUKA軍港めぐり その二

その二でございます。

前回は解体を待つ潜水艦まででした。
そのあとまた戻るのかと思いきや、ショートカットする水道へ。
714-横須賀軍港めぐり

そこを抜けると目の前には
IMG_1534_201407161050274d3.jpg

IMG_1535.jpg
ベテラン中のベテラン、ミサイル護衛艦はたかぜ。
はたかぜの横には除籍されたはつゆき型護衛艦、その横には補給艦ときわ。

その向こう側に停泊していたのは
IMG_1546.jpg

たかなみ型護衛艦たかなみ、おおなみと
IMG_1547.jpg

試験艦あすか
IMG_1552_20140716105034f4c.jpg

そうして右手に輸送艦しもきたを見ながら出発した場所へ戻る。
IMG_1558.jpg

と言う感じで45分間の横須賀軍港めぐりは終わりました。
説明してくれる人の話もけっこう面白いですし、お勧めです。

その後はあまり遅くなっても渋滞に巻き込まれるしと言う事で、
三笠を見て帰る事に。

IMG_1570.jpg

IMG_1584.jpg

今回の目玉はこれ
IMG_1597.jpg

建造当時のオリジナルの甲板が復元されていたんですよ。
建造当時って事は1902年日本に引き渡しとなっていますから、実に112年!。
IMG_1598_201407181317053aa.jpg
他の甲板とは明らかに違う高級チーク材の色つや、いいです。
ただ、案外とわかりにくいんですよ。見学コース最初の無線機のあるところ、です。

YOKOSUKA軍港めぐり

日曜日、ようやく念願叶って横須賀の軍港めぐりに行く事が出来ました。
知人の車に乗せてもらい計四人で出掛けてきました。

714-横須賀軍港めぐり

45分かけてこのルートをまわりました。

出船してすぐに潜水艦そうりゅうとアーレイバーク級駆逐艦フィッツジェラルドを右に見て
IMG_1428.jpg

左手には輸送艦しもきた
IMG_1433.jpg

アーレイバーク級駆逐艦フィッツジェラルド
IMG_1457.jpg

おやしお級が四隻揃って
IMG_1462.jpg

IMG_1463.jpg
壮観ですねー

アーレイバーク級駆逐艦ラッセン
IMG_1475.jpg

オーバーホール中でしょうか?イージスレーダーアレイに足場?
IMG_1478_201407151929462b1.jpg

追浜あたりでJAMSTECの建物を海側から見る。
IMG_1486.jpg
数年前、横須賀駅から追浜のJAMSTECまで歩いたことを思い出します。
よくあそこまで歩けたもんだ💦

そのうちにぽつんと係留されている潜水艦が見えてきます
IMG_1492.jpg

そのまわりには
海洋観測艦しょうなん
IMG_1498.jpg

海洋観測艦わかさ
IMG_1494.jpg

その係留されている潜水艦はすでに除籍され解体を待っている身だとか。
そしてその潜水艦をぐるりと一周し
横須賀 除籍潜水艦
  
IMG_1502.jpg

IMG_1506.jpg

IMG_1512.jpg

IMG_1513.jpg

IMG_1520.jpg

IMG_1522_201407151953258af.jpg

すごいですねー
浮いている潜水艦を間近で見られるなんて。
陸に上がった潜水艦(呉のてつのくじら館)も間近で見られますけれど、
それとはやっぱり違います。

今日はここまで

明日(以降に)つづく

世界の

ここんとこ、雪が降ったり気温や気圧が乱高下したりして
どうにも調子が安定しないでいる状態で更新も滞っております。

で、今回のお題です。

出ていた事は知っていたんですよ、これの事は。
でも、最初の頃の奴を実際手に取ってみると出来悪ーって感じだったのでスルーしていたんです。
しかし、ここ最近のを見てみると随分とよくなってんじゃんかよー、
てな感じでぽつぽつと手に入れております。

敷島-1

まあでも、細部となるとやっぱり色々と問題があるみたい。
この「敷島」にしても15㎝副砲の配置が間違っているようで
写真はそれをささっと修正したものです。
1/1100のスケールだとこの程度(の修正)でもまあ見られるじゃん、と強引に納得。

次はどれかなー
やっぱりネルソンかな?あとはイントレピッド、グラーフ・シュペーあたり。
飛龍と比叡は実物を見てから考えます。

たまには艦船の話

またしても久しぶりの更新となります。

ようやく風邪の症状も少し治まり、久しぶりに書店へ行った時のことです。
ふと目に付いたのがこれ。

扶桑、最上

いやー、これにはまいりました。
世界の軍艦コレクションのことは前々から知ってはいたのですが、
それ程食指が動くことは無かったんです。
ですが、
扶桑と最上が一緒に列んでいるのを見てしまったら、
もうこれはしゃーなしですがな。

1/1100スケールと微妙な所ではあるのですが、思ったよりも出来がいい。

扶桑

最上

これで山城が手に入ったら西村艦隊の主要艦が揃ってしまうっ
なんて考えていたら、次はHOODだと!。

世界の軍艦コレクションでは無くて悲劇の軍艦コレクションの間違いでは?
なんて事を考えてしまう今日この頃。

HOODが揃ったらBISMARCKも欲しいよね
プロフィール

ajax

Author:ajax
普通起こり得ないような交通事故に遭い大破。ほぼ隠居(取り敢えずは)の身となった者

リンク
最新記事
最新コメント
しんかい6500
ナショナルジオグラフィック ガジェット
FC2カウンター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。